デイリー新潮

旅・街歩き

古都「奈良」にやっと「外資高級ホテル」のワケ

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 志賀直哉は随筆「奈良」で、〈食ひものはうまい物のない所だ〉と書いた。そんな古都・奈良に、初の外資系高級ホテルが誕生する。

 2020年春に、米マリオット・インターナショナルが展開する最高級ブランド「JWマリオット」が、平城京跡にほど近い場所にお目見えするのだ。地上7階の建物には、スイートを含む150の客室とプールやレストランにバーも揃う。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2016年3月17日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事