「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」ではなかった「淀川長治」最後の言葉

映画週刊新潮 2016年3月17日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「ハイ、またお会いしましたね!」、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」。89歳で亡くなった淀川長治氏は、駄作と評判の映画であっても決して貶(けな)すことがなかった。そんな映画愛に溢れる人物が残した最後の言葉とは。

 ***

 1998年の11月11日、東大病院の病室で淀川氏は最期の時を迎えようとしていた。その手を、しっかりと握りしめていたのが、姪の美代子氏(雑誌「クウネル」編集長)である。

「叔父はもともと肉が好きな人で、正月にホテルですき焼きを食べるのが恒例になっていたのです。それが、前の年ぐらいからあまり食べなくなって。それでも休まず仕事を続けていたら、ある日、体調不良を訴えて私と叔父の知人が無理やり半蔵門病院に連れていった。そうしたら、もっと専門的な病院で診てもらうことになって東大病院に入ったのです」

 検査の結果、肝臓がんと大動脈瘤が見つかる。だが、手術に耐える体力はないと診断された。亡くなる2カ月前のことだ。

『日曜洋画劇場』(テレビ朝日系)の解説で知られる淀川氏は、「映画の友」の編集長を経て独立、名人芸ともいえる独特の口調がお茶の間で人気だったのはご存じのとおり。その淀川氏の姉の娘にあたるのが美代子氏だ。早くに父親を亡くした美代子氏は、母と、ずっと独身の淀川氏、そして祖母の4人で横浜の一軒家に暮らしていた。

「だから、叔父は私にとって父親みたいなものなんです。実際、私が社会人になるまで生活の面倒も見てくれていましたから。質素な人でしたが、私にはケチじゃありませんでした」

 やがて、美代子氏が家を出て、祖母も亡くなると、87年から淀川氏はテレビ局の近くにある全日空ホテルのスイートルームに移る。

「部屋はいつも担当がついていて、掃除や家事をやってくれるのですが、リビングはいつもグチャグチャ。配給会社から送られてきたビデオや映画の資料、出版社から届いた雑誌や本が無造作に積まれ、床にまで敷き詰められていました。でも、絶対に捨てない。もらったお菓子まで捨てないでずっと取ってあるんですが、決して人には触らせませんでした。少しでも動かすと“これ、動かしたでしょ!”と怒られるんです」

 朝起きて朝食を詰め込むと試写鑑賞やテレビの収録、それから講演などをこなしてまたホテルに戻り、深夜2時、3時まで原稿執筆という毎日。マネージャーを雇わず、スケジュールは全部自分で管理していた。

次ページ:亡くなる前日も収録

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]