「鳥取・島根」にまで手を突っ込む「二階俊博」

政治週刊新潮 2016年2月18日号掲載

 防犯上、閉めておくに限る「二階の窓」も、時には開けておくと、福を招いたりするのだ。

 この程、自民党の二階俊博総務会長(76)が率いる「志帥会」に、新しいメンバーが加わった。鳥取を地盤とする元民主党議員の川上義博氏(65)である。

「二階派はかねてから“客員会員”として、無所属の中村喜四郎さんや長崎幸太郎さんを入会させてきましたが、落選中の元議員を入れるのは異例」

 とは、政治部記者。

「事前に何の相談も受けていなかった鳥取県連には、衝撃が広がっています。

...

記事全文を読む