デイリー新潮

政治

【「田中角栄」追憶の証言者】ロッキード逮捕後の初インタビュー秘録――佐藤修(モンゴル日刊紙東京特派員)

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 金脈問題を追及されて退陣した角栄は、1981年1月10日発売の「文藝春秋」に“六年間の沈黙を破って”登場する。だが、これは看板に偽りありだ。実は、ロッキード事件での逮捕後、初の肉声を掲載したのは、遠くブラジルの日系人向け新聞だった。取材した佐藤修氏(70)が秘話を明かす。

 ***

 取材当日、私が総理復帰の可能性についてしつこく食い下がると、角さんは「わかった、わかった」と言って、こう続けたのです。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月17日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事