元女子フィギュア・鈴木明子さん「160センチで32キロ」 美談ですまない「女性アスリート」過酷の日々(2)

スポーツ週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 来年の夏に迫った、リオデジャネイロオリンピック。

 女性アスリートの活躍が注目される。政界や財界では「女性登用」が叫ばれる昨今だが、ことスポーツ界に関して言えば、とっくの昔に女性優位。先のロンドン五輪でも金メダルの獲得数は既に女子が上回っているし、浅田真央選手など、アイドル以上の人気を誇るアスリートも出てきている。

 ところが――。

 そうした華やかさの裏側で、女性アスリートには、男性からは決して窺い知れない“戦い”がある。競技相手を打ち負かす以前に、彼女たちは、女性であるがゆえに、自らの身体と心を削っているのだ。

...

記事全文を読む