女子マラソン増田さん28歳で「骨密度は65歳の女性並み」 生理は止まる! 骨密度は老人並み! 美談ですまない「女性アスリート」過酷の日々(1)

スポーツ週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 泥を吸った花ほど美しく咲く、という言葉があるが、女性アスリートの活躍の陰にも、マスコミが報じない“戦い”が隠されていた。生理のストップ、老人並みの骨密度――。その秘められた「過酷の日々」を、ノンフィクションライター・歌代幸子さんがレポートする。

 ***

 1992年1月の大阪国際女子マラソン。現役最後に臨んだレース当日、晴れやかな笑顔でスタートを切った。だが、走り始めてまもなく、足が着地する度に痛みを覚える。先頭集団についていこうと思っても、5キロの制限時間もギリギリ通過。

...

記事全文を読む