なぜ体操協会はヒロイン「田中理恵」を出入り禁止にしたのか?

芸能 週刊新潮 2015年10月22日号掲載

  • ブックマーク

 体操界のヒロインといえば、やはり、田中理恵(28)がその筆頭に挙げられるのは間違いない。ロンドン五輪後に現役を引退すると、母校・日体大の教職に就き、さらに、東京五輪組織委員会の理事にも任命されている。現在も体操界に貢献しているように見えるのだが、実は、日本体操協会から出禁にされてしまったという。

 ***

 問題が起こったのは、10月2日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京・北区)で行われた女子体操世界選手権代表団の試技会でのことである。

 フジテレビのスタッフがこう話す。

「2009年から16年まで、うちが体操における国際大会の放映権を持っています。今年は、この23日から英国で世界選手権が開かれる。それに向けて、事前に選手がメディアに技を披露する試技会で、理恵さんに選手のインタビューをしてもらう予定でした」

 田中は引退後、『すぼると!』などのスポーツ番組で、世界選手権の取材に携わってきたという。

「昨年は、キャスターとして、開催地・中国に赴き、現地取材を行っています。今年も同様にキャスターとしての抜擢がすでに決まっている。ところが、体操協会は、局アナが選手にインタビューするのは構わないのに、理恵さんの取材はお断りと通告してきたのです」(同)

 結局、フジテレビは選手へのインタビューを取り止め、演技の撮影だけを行ったという。

悪影響

 一体、体操界のヒロインになにがあったのか。

 日本体操協会の関係者が打ち明ける。

「田中が大会に顔を出すのは、指導者としてではなく、大抵がテレビ番組のタレントのような仕事ばかり。しかも、インタビューでは敬語も使わず、まるで友だち同士で会話しているかのような言葉遣いで、もともと協会の幹部からは顰蹙を買っていました」

 そのうえ、決定的だったのが、昨春の「フライデー」による報道だったという。

「第一弾として、巨人の坂本勇人選手との熱愛が報じられ、さらに続けて、日体大の後輩にあたる体操選手とのキス写真まで掲載されました。恋愛などには脇目も振らず、練習に明け暮れている選手に、取材とはいえ、悪影響をもたらしかねない田中を近づけたくないのです」(同)

 いまや、田中は煙たがられる存在になっているという。

 だが、本人に訊ねると、

「試技会の取材を断られたという認識はありません」(日体大広報)

 とのこと。

 スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が指摘する。

「田中がインタビュアーとしての資質に欠けていても、テレビに取り上げてもらうために、これまで体操協会は文句を言うこともなかった。ですが、ようやく、常識的な判断が下せるようになったということです。体操界全体の成長を促す人材の起用をメディアに求めていくべきなのです」

 ヒロインの本当の姿は、悪玉だったのか。

「ワイド特集 子供だましの代償」より