内村航平、プロ転向の本心は「水泳」「陸上」と一桁ちがう年収格差

スポーツ週刊新潮 2016年12月29日・2017年1月5日新年特大号掲載

 当代一のアスリートともなれば、それ相応の目論見があって然るべし。リオ五輪で団体と個人総合の二冠を達成した体操のエース・内村航平(27)が、12月からプロに転じた。その裏には、知られざる本心が隠されていたのだ。

 ***

 内村が、2011年から所属していた「コナミスポーツ」を退社したのは11月末だった。日本初のプロ体操選手という道を選んだわけである。

「内村はもともと塚原直也さんに憧れて九州から上京、朝日生命体操クラブに所属しますが、高卒後はクラブを離れて日体大へ。

...

記事全文を読む