県民も「だいたい合ってる」 群馬県民黙認の“グンマ”漫画

文芸・マンガ

 昨今「あまちゃん」の北三陸を筆頭にさまざまな「地元」が注目を浴びています。しかし「都道府県の魅力度ランキング」で最下位を取ったこともある群馬県の場合、少々状況が違うようで……。

 その認知度の低さにつけこむように、「グンマー」なる架空の群馬像がネット上で投稿され続けているのです。たとえば埼玉県とグンマーの間の“国境”を越えると裸のグンマー人が槍を構え、警備隊はどうみてもアフリカの軍隊。成人式には櫓の上からバンジージャンプを行い、砂漠の掘っ立て小屋にはグンマー県庁のキャプションが。

...

記事全文を読む