勝新太郎が求めた“空気を聴き合える相手” 三船敏郎との「すれ違い」連載

座頭市はゴジラのように歩いていた――“音楽家”勝新太郎を見抜いていた伊福部昭連載

「座頭市」はいかにして勝新太郎の“代表曲”となったか 作曲家に出した注文とは連載

勝新太郎、座頭市にみる独自のリズム 若山富三郎が感じたジャズ連載

勝新太郎の映画「顔役」はフリー・ジャズだ 現実との生身のセッションとは?連載

勝新太郎が舞台でヒップホップ 「おまえたちの新しい川に乗せてくれよ」と言った意味連載

勝新太郎は「真性のミュージシャン」だった 「不知火検校」で一気に変転連載