「座頭市」はいかにして勝新太郎の“代表曲”となったか 作曲家に出した注文とは

湯浅学の「役者の唄」 エンタメ 芸能 2020年3月11日掲載

  • ブックマーク

湯浅学「役者の唄」――勝新太郎(5)

 音楽評論家の湯浅学氏が、勝新太郎の「唄」に迫る。役者としての代表作が「座頭市」ならば、代表曲もまた「座頭市」。ただし、そこは破天荒で知られたカツシンである。異例のレコーディングで録られたこの楽曲をきっかけに、“歌うスター”の看板をモノにしていく。...

記事全文を読む