座頭市はゴジラのように歩いていた――“音楽家”勝新太郎を見抜いていた伊福部昭

湯浅学の「役者の唄」 エンタメ 芸能 2020年4月15日掲載

  • ブックマーク

湯浅学「役者の唄」――勝新太郎(6)

 音楽評論家の湯浅学氏が、勝新太郎の音楽家としての魅力を繙く。「座頭市」と「ゴジラ」という、一見つながりはないように思えるふたつの作品に共通点を見出したという湯浅氏、そのココロは……。

 ***...

記事全文を読む