勝新太郎の映画「顔役」はフリー・ジャズだ 現実との生身のセッションとは?

湯浅学の「役者の唄」 エンタメ 芸能 2020年2月26日掲載

  • ブックマーク

湯浅学「役者の唄」――勝新太郎(3)

 舞台版「不知火検校」で、ヒップホップを取り入れるなど、新しい音楽に耳を傾けていたという勝新太郎。俺と一緒に悪いことを考えてくれ――この作品の再映画化を計画した勝は、湯浅学氏と根本敬氏に脚本を依頼した。...

記事全文を読む