勝新太郎が求めた“空気を聴き合える相手” 三船敏郎との「すれ違い」

  • ブックマーク

湯浅学「役者の唄」――勝新太郎(7)

 勝新太郎は、名優であるとともに名音楽家であった。音楽評論家の湯浅学氏が、不世出の存在ゆえの“孤独”に迫る。...

記事全文を読む

Advertisement