AIを使った新作「ブラック・ジャック」に賛否の声…手塚眞氏が明かした「手塚治虫こそ優れた未来の生成AI」の意味とは

国内 社会

  • ブックマーク

手塚治虫の新作漫画をAIで生み出す

 2023年、連載開始から50周年を迎えた、“漫画の神様”手塚治虫の不朽の名作「ブラック・ジャック」。その完全新作が最新鋭の生成AIを使って生み出され、2023年11月22日発売の「週刊少年チャンピオン」52号に掲載された。32ページの読み切り作品で、タイトルは「TEZUKA2023 ブラック・ジャック 機械の心臓-Heartbeat MarkII」。手塚プロダクション取締役で手塚治虫の息子にあたる手塚眞氏や、慶應義塾大学の栗原聡氏らによる「TEZUKA2023」プロジェクトの一環として制作された。...

記事全文を読む

Advertisement