【ブギウギ】毒舌・淡谷のり子キャラにハマる菊地凛子 笠置シヅ子を語る上で避けて通れないもう一人の大物歌手は?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 NHKの連続テレビ小説「ブギウギ」は、11月17日の放送が視聴率17・0%を記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)。舞台を大阪から東京に移して以降、視聴率が右肩上がりだ。それだけに今後が気になると、ベテランの民放プロデューサーは言う。

 ***

「ブギウギ」は“ブギの女王”と呼ばれた歌手の笠置シヅ子(1914~1985)の生涯が描かれる。ヒロインのスズ子を演じる趣里(33)は、上京すると作曲家・服部良一(1907~1993)がモデルの羽鳥善一(草なぎ剛=49)から厳しいレッスンを受け、いざ舞台に上がれば、彼女の歌い踊る姿に喝采の嵐だ。民放プロデューサーは言う。

「大阪時代のスズ子の先輩・蒼井優(38)もすでにこの世になく、一緒に上京した伊原六花(24)は帰阪、母親(継母)の水川あさみ(40)も亡くなり、弟の黒崎煌代(21)には赤紙が届いて戦地へ。スズ子の周りにいた人々が次々といなくなります。今後、残った人々、あるいはこれから出てくる人々で、どのようなサイドストーリーが描かれるのかに注目しています」

 目下、注目されているのが“ブルースの女王”こと歌手の淡谷のり子(1907~1999)がモデルの茨田りつ子を演じる菊地凛子(42)だ。

「スズ子はりつ子に憧れ上京したものの、初対面で『歌も化粧も下品』『お芋さんみたいなお顔』などといきなり毒づかれていました。思えば、初回にも楽屋で『あなたの下手な歌を、お客さんが待ってるでしょ?』などと皮肉っていましたね。あの口の悪さは間違いなく淡谷さんです。普段はとても優しい人でしたが、戦前に音大で声楽を学んだ人ですから、歌に対しては特に厳しかった」

 歌手としての淡谷は知らなくても、その毒舌を覚えている方もいるだろう。

次ページ:菊地が好演する淡谷のり子

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。