「79歳が100歳代を犯した」高齢者施設事件、容疑者の素顔を知人が証言 「アパートの部屋でまきストーブをたいて、家賃も払わない」「完全な認知症で、家に入ってきた」

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 北の大地で耳を疑うような事件が起きた。79歳の老人が高齢者施設で、100歳代の女性に性的暴行を加えて逮捕されたというのだ。特殊な事件の背景を探ると、荒(すさ)み切った男の人生と、老いにまつわる深刻な問題が浮き彫りになった。

 ***

 北海道・弟子屈(てしかが)町は道東に位置し、摩周湖と屈斜路湖を擁する。川湯温泉もあり、観光にはまさにうってつけの場所といえよう。だが、そんな観光名所にはおよそ似つかわしくない事件が、今月7日、町内の高齢者施設で起きた。

「7日午後9時半ごろ、JAが運営する高齢者福祉施設で、79歳の佐藤基次容疑者が寝たきりの100歳代の女性に対して性的暴行に及んだ。佐藤容疑者は不同意性交等の疑いで北海道警に逮捕されましたが、女性は8日午前0時55分ごろに死亡。司法解剖の結果、目立った外傷はなく、死因は“内因性”のものでした。道警は現在、性的暴行と死亡との因果関係を慎重に調べています」(社会部デスク)

「プラプラしていて働かない」

 凶行に及んだ佐藤容疑者とはいかなる人物だったのか。彼を古くから知る近隣の住民に話を聞いた。

「40年以上前の話になるけど、基次は川湯温泉でバーテンをしていた。バーテンといっても、ただで酒を飲めるから手伝っていた、という程度。給料らしい給料はもらってなかったはず。日銭に困ったら、たまにホテルの番頭をやったりしてね。とにかく、プラプラしていて働かないんだ」

 しかし、そんな男にも家族はいたようで、

「基次が30代半ばの頃だけど、奥さんもいて、子供だって2、3人はいた。だけど、基次が働かないもんだから、奥さんは子供を連れて出ていった」(同)

次ページ:「部屋でまきストーブをたいて…」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]