「私の母は肋骨10本折れて亡くなりました」“サ高住”の高齢者に起きた悲劇を息子が激白 虐待の疑いで警察も出動する騒ぎへ

国内 社会

  • ブックマーク

 サ高住――サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリーが完備された、高齢者向きの賃貸住宅のこと。食事提供やレクリエーションを行う住宅型有料老人ホームとは違い、基本的なサービスのメインは安否確認や生活相談のみの、自由度の高い住宅である。だが、その一方で、介護が必要な高齢者も入ることのできる、いわゆる介護型のサ高住も数多く存在する。都内にある介護型サ高住に住む90代の女性、真知子さん(仮名)は、入居中の昨年8月に、呼吸困難と胸の痛みを訴え、病院へ緊急搬送。診断の結果、肋骨が10本も折れていたことが判明した。...

記事全文を読む

Advertisement