愛なのか、暴力なのか…フランスで考案された「デートDVチェッカー」日本語版の中身とは

ライフ

  • ブックマーク

Advertisement

性教育先進国のフランスでも後を絶たないデートDV

 交際している若者たちの間で起きる「デートDV」を軽視してはいけない。恋心ゆえのたわいもない「束縛」だと思っていたことが、恐ろしい事件につながることもあるのだから。

 株式会社TENGAヘルスケアが、無料配布を始めた暴力チェックメーター「デートDVチェッカー」(日本語版)は、恋人の自分に対する行為が、“愛”なのか、“暴力”なのかを、客観的にチェックできるツールだ。

 基になっているのは、フランスのパリ市が2019年に開発し、現地で中高生に無料配布されているもの。性教育が進んでいるフランスは性にオープンであるため、“下ネタ”という概念はなく、個人の尊厳が重視される。その分、性暴力を含め、それを蹂躙する罪に対する刑罰は日本より重い。それでもDVの被害は後を絶たないのだ。

 パリ市では、DV被害者のうち18歳から25歳の女性たちが年長者の約2倍に上る。だが、そんな若い彼女らは支援を受けられる行政サービスを利用していなかった。

 その理由を行政側は、「自分の受けていることを“暴力”だと思っていないのではないか」と仮定。暴力だと気づかせるためには、自分とパートナーの関係性を客観的に確認することができるツールの開発が必要とし、フランス語版を作った。

相当な被害を受けながらも迷う若者たち

 状況は日本も変わらない。TENGAヘルスケアは、日本語版のリリースに先んじて中高生を中心とした10代向け性教育サイト「セイシル」(https://seicil.com/)を立ち上げた。「10代の若者が抱える性のモヤモヤ」に、正しい知識を持つ専門家が答えるというものだ。実際に寄せられた悩みをみてみよう。

「彼氏のDV的な言動や行動に耐えられず、別れを告げたところ、とても愛しているので嫌だと言われ聞いてくれません。他に彼氏がいてもかまわないと言われたのですが……」(中学3年生)

「彼氏にコンドームなしでむりやり挿入されそうになった。泣いても叩いても止めてくれず、大暴れしたところでやっと止まった。身の危険を感じ、別れを切り出したのですが……」(高校3年生)

「付き合って2年になる彼氏。お互い社会人で同棲中だったが、1か月前に彼氏が仕事を辞め、ヒモ状態に。自分がすべてを支えなければならず、アダルト系の仕事に転職してまかなっている。生活費を平等に払ってほしいし、払えないなら別々に暮らしたいと言っても聞いてくれない。これは経済的なDVになるのでしょうか?」(社会人)

 問題なのは、「これだけの被害を受けていながら『DVと呼んでいいのか?』と迷っていることです」とTENGAヘルスケア広報担当の原田樹氏はいう。

「そもそも相談者さんに、自分のされていることが暴力だという認識がないんです。『セックスを強要する』のはもちろん、『経済的に相手を利用する』のも、『別れてくれない』のも、『言うことをきかないと、脅したり、非難したりする』のも、程度の差こそあれ暴力です。相談者さんはそれらを愛情ゆえの行為と勘違いし、暴力として認識せず、我慢してしまう」(原田氏、以下同)

 内閣府の統計では、女性の5人に1人、男性の10人に1人が、デート中にDVを受けたことがあり、その50%は誰にも相談できず、さらに25%は心身の不調を訴えているという。しかしこれは氷山の一角なのではないか。そんな思いが、「デートDVチェッカー」日本語版のリリースを促した。

次ページ:「良好な関係」から「危険な状況」までの23項目

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]