“友人の処刑”を見せられ失神 軟弱と見なされた王の真価を描き出した「たった一人の画家」

エンタメ アート

  • ブックマーク

君主の“無言の苦しみ”を描きだした画家

 古今東西に「名画」と呼ばれる絵は数多あるが、モデルを描いた作品は多い。ピカソには「7人のミューズ」がおり、女性が変わるたびに画風が変わったといわれ、日本では岸田劉生にとっての娘・麗子が著名だろう。モデルと密室で対峙する濃厚な時間は、画家に特別な刺激を与えるのだろう。...

記事全文を読む

Advertisement