韓国のハロウィン事故後の自粛ムード 「誰も死なないバカ騒ぎ」あり得るのか(古市憲寿)

  • ブックマーク

 2022年10月31日、梨泰院。本来ならばハロウィン当日で賑わう夜、街はひっそりと静まり、ほとんどの店が休業していた。事件があった現場一帯にはオレンジ色の規制線が張られ、多くの警察官が立っている。捜査のためなのか、道路は29日のゴミが散乱したままになっていた。規制線越しでも、道が狭く、傾斜になっていることがわかる。...

記事全文を読む