梅毒患者が過去最高に 悪者にされる感染風俗嬢の本音「元凶は私たちだけじゃない」

  • ブックマーク

 梅毒の感染者数は今年10月下旬に1万人を突破し、過去最大となっている。爆発的感染の要因として、まっさきにやり玉にあげられるのは性風俗産業の従事者だ。だが『売る男、買う女』(新潮社)などの著書があり、自身も夜の世界の仕事で働いた経験のあるノンフィクション作家の酒井あゆみ氏の取材からは、また別の要因も見えてくる。

 ***

 梅毒患者の増加が注目されている。NHKが先日配信したウェブの特集記事では、性風俗店で増加するNS(ノースキン、「避妊具無し」の意)が一因だと取り上げられていた。コロナで経営が苦しくなった店側が過剰なサービスを女性に強いているという主旨で、表現をふくめ、“公共放送”にしてはなかなか踏み込んだなという印象を受けた(NHK首都圏ナビWEBレポート「梅毒の感染者急増 なぜ?症状は?女性は特に注意 妊娠に影響も」11月4日掲載)。それだけ世の関心が高いということなのだろう。

 記事では風俗以外の経路に「マッチングアプリ」の利用も挙げられていたものの、国立感染症研究所の「男女の梅毒患者の4割は、それぞれ風俗店の利用者、風俗店の従事者」というデータもある。SNSでも“風俗嬢の責任”を問う声は少なくない。風俗=性病のイメージは根強いのだ。

 では、当事者の見解はどうか。実際に梅毒に感染したという女性に話を聞いた。

ある日、身体に「バラ疹」が……

 今回、取材に応じたのは、この道20年のベテラン、38歳のサナ(仮名)だ。短期で日本各地を転々としているいわゆる“出稼ぎ風俗嬢”で、いまは滋賀県の雄琴にいる。

 彼女に“異変”が生じたのは雄琴に来る以前、半年ほど前のことだった。

「手と足に“バラ疹”が出て『もしかして?』と思って。その頃すでに梅毒が流行ってるってニュースで取り上げられていたから、病院に行ったんです。そうしたらすぐに『これは梅毒だね』って。本当は血液検査しないと分からないみたいなんですけれど、皮膚を診てもらったら一目瞭然でした」

 梅毒はまず、感染およそ3週間で陰部や口唇部にしこりができる。そのまま放置して数カ月が経過すると、手や足の裏、全身に赤い発疹が現れる。これが彼女のいう「バラ疹」で、小さな赤い薔薇の花に似ていることが由来だそうだ。

「職業柄、性病には特に気をつけていて、異変があったらすぐに病院に行くことにしてるんですが、遅すぎましたね。既に2期感染にまでなっていました。ニュースで言っていた通り、痛みも痒みも全くなくて。もう頭の中には『休みの間、どうやって生活したら良いだろう』しかなかったですね。お店にも出られないので、借金をして何とか1ヶ月過ごしました」

 サナは、これまでもクラミジア、ヘルペス、トリコモナスに罹ってきたそうで、「未経験なのはコンジローマ、淋病、あとHIVくらい」。そのたびに出勤停止となり、なんとか療養期間を切り抜けてきた。

 梅毒がお客経由で感染したことはほぼ間違いないが、どの客だったかの見当は「まったくつきません」という。

「もともとお肌が汚い方がいらっしゃるので感染者かどうか判断はつきませんし、手のひら、足裏に出る発疹を『見せて下さい』とはいかない。常連の方であれば多少は見分けがつくのでしょうが、初対面の方の肌質まではさすがに……」

次ページ:きちんと検査する風俗店、だが例外も

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]