「アニメ大全」開始から約2カ月 当初は“エヴァがない”と批判され…担当者が苦労を語る

エンタメ

  • ブックマーク

Advertisement

 8月25日、世界最大規模の日本のアニメ―ションの総合データベース「アニメ大全」が一般公開された。一般社団法人・日本動画協会が主催する『アニメNEXT_100』プロジェクトの一環で、公開初日にはアクセスが集中し、一時サイトが見られないほどの注目を集めた。一方で「エヴァが入っていない」「これならウィキペディアの方がまし」など、さまざまな批判も寄せられた。賛否とも大きな反響のあったことについて、どう考えているのか。「アニメ大全」を担当する『アニメNEXT_100』プロジェクト事務局長・植野淳子さんに聞いた。【徳重龍徳/ライター】

――1910年代から現代まで、日本国内で制作、初出を定義の一つとしたおよそ1万5000作品の声優やスタッフの情報を網羅した「アニメ大全」には、公開後、大きな反響がありました。率直にどう思われますか。

 多くのデータベースは、産業と文化発信の基盤として注目されていますが、事業として情報集約、基盤構築、運営する労力は果てしなく大きく、正直地味だといわれています。「アニメ大全」も同様です。一方で、DXの時代、大人には過去作品でも、今の子供たちにとっては新しい作品となる可能性や、海外に作品を紹介する機会となるよう公開に至りました。ですから、25日の公開の瞬間は想定外の反響でした。

 1カ月100万アクセスを想定して準備をしていましたが、実際は瞬間だけで4倍の400万アクセス。驚きで青ざめました。サーバー自体はダウンしていませんが、入口のページにアクセスが集中し渋滞、非常にアクセスしづらい状況が続きました。現在は公開時ほどではありませんが、安定的にご活用いただいています。

 初日の反響で、アニメのデータベースに対する関心度の高さが、アニメ業界内の方々によくわかってもらえたのはうれしかったです。公開後から今日まで、制作会社をはじめ多くの関係者から、お問い合わせを通じて「大変なことですが、がんばってください。」「遅まきながら、もっと協力します。」等の応援メッセージや、「詳細情報がないと意味がない!」を始め、誤記の修正をご教示いただいたり、追記、更新等のご連絡をいただいたりと叱咤激励も併せて、「アニメ大全」を育てていただいていると思うとありがたいです。

――現在、どのくらいの人数が「アニメ大全」の作業をしているのでしょうか。

 各制作会社、作品管理会社によるご協力も多大ですが、現在の「アニメ大全」チームとしては5名です。1名がシステム担当で、4名が作品情報拡充を担当しています。

 内訳としては新作中心の担当者が1名、3名はこれまでに作られた作品の調査・入力作業をひたすらしています。例えば、2000年代の公式サイトは、出演者、スタッフ情報などが1枚の画像に組み込まれているものも多く、それを見ながら直接打ち込んでいます。打ち込む側も当時の声優や制作陣について詳しいスタッフが担当しています。タイミングによっては、公式サイトでも情報が改定されていたりするんですよ。

「ウィキペディアで十分」という声…なぜ「エヴァ」が載っていなかったのか

――注目度の高さもあり、ネット上では「アニメ大全」について厳しい声も飛びました。たとえば、この内容ならばウィキペディアで十分だとの声もありました。

 ウィキペディアについてはスタッフ全員が素晴らしいと思っています。ただ、ウィキペディアは作品を愛している人が自主的に作られているので、取り上げられていない作品もたくさんあります。現在の私たちは、ウィキペディアほど作品ごとの情報について深くはできないけれど、埋もれている作品の中にも素晴らしいものがあることを知ってもらいたい。アニメの多様性を掘り起こし、アニメ史100年を繋げていきたいと考えています。

――「アニメ大全」でウィキペディアをそのまま引用しているものもあるとの指摘もありました。

 ご指摘いただいたことに感謝しています。出典元としてウィキペディアは使わない方針としていましたが、一時的に増員したスタッフ間で徹底できていませんでした。現在当初の方針に従って鋭意改訂していますが、こうした既存情報の活かし方も今後の検討課題だと考えています。

――「新世紀エヴァンゲリオン」が掲載されてないことも話題となりました。

「新世紀エヴァンゲリオン」に限らず、「情報を精査したものから、随時公開してください」等、原著作者の意向をはじめ作品諸事情で公開待ちの作品もあります。

――アダルトアニメを取り上げていない声についてはどうでしょうか。

「アニメ大全」は、年齢制限を行わない一般公開が前提ですので、アダルトアニメの掲載は控えています。その一方で、地上波で放送された「くりいむレモン」(注:アダルトアニメの先駆け的作品)のような一定のレーティングで制限されていて、エポックメイキングな作品は掲載されています。

次ページ:手塚治虫の思いをうけて

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]