「アッコにおまかせ!」37年目にして訪れた重大な危機

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 日曜昼に放送されている「アッコにおまかせ!」(TBS)が番組存亡の危機を迎えているという。9月11日の視聴率は5・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)で、前4週の平均も5・8%。8月28日には番組史上最低の4・6%(個人視聴率は2・5%)を記録したのだ。1985年10月にスタートし、生放送のバラエティ番組としては最長寿を誇る番組だが、いつまでもまかせておけないようだ。

 ***

 芸能界のご意見番こと和田アキ子(72)の冠番組であることは、もはや言うまでもないだろう。8月28日に番組史上最低の視聴率を記録したとはいうものの、この日の裏番組には「24時間テレビ」(日本テレビ)があったのだから気の毒な面もある。ところが、民放プロデューサーはこう言う。

「番組が始まって37年、これまで裏に『24時間テレビ』が来ようが、オリンピックが来ようが、7%は取っていたのが『アッコにおまかせ!』だったのです。何もなければ、日曜昼にもかかわらず、20%を超えたことだってありました。それだけに、どれだけ他局が苦しめられてきたことか……」

 85年10月6日、「アッコにおまかせ!」(11:45~12:30)がスタートした日のライバル局を見てみよう。

▼日テレ「鶴ちゃんのトッピング」(12:00~13:00)=片岡鶴太郎が司会のバラエティ番組。「アッコにおまかせ!」と同じ日に初回が放送された。

▼フジテレビ「クイズ・ドレミファドン!」(12:00~13:00)=76年から続く高島忠夫(高嶋政宏・政伸兄弟の父)が司会の人気音楽系クイズ番組。現在は不定期特番で放送されている。

▼テレビ朝日「やすきよ笑って日曜日」(12:00~12:45)=83年にスタートした横山やすしと西川きよしが主演のコメディ番組。

みんな「アッコ」に敗れ去った

「『やすきよ笑って日曜日』は翌年3月、『鶴ちゃんのトッピング』も1年後の翌年9月に打ち切り。人気番組だった『ドレミファドン』も88年に終了しました。それ以降、各局が次々と新番組を立てて『アッコにおまかせ!』に挑んできました」

 日テレの場合、「鶴ちゃんのトッピング」の後に「鶴太郎のテレもんじゃ」、「鶴太郎の危険なテレビ」と鶴太郎シリーズで挑んだが、「テレもんじゃ」は1年半(86年10月~88年3月)、「危険なテレビ」は半年(88年4月~9月)で終了した。その後も、島田紳助の「紳助のとんでもいい夢」(90年4月~10月)、「山田邦子の旅くらぶ」(90年10月~91年12月)、「みのもんたの世渡りジョーズ!!」(92年1月~94年3月)、ヒロミの「TVおじゃマンモス」(94年4月~96年9月、※この後、放送枠を移動)、安室奈美恵と今田耕司という異色コンビのバラエティ「アムロ今田きっとNo.1」(96年10月~97年9月・11:40~12:10)、「それ行けKinKi大放送」(96年10月~98年3月・12:10~13:00)と、人気者で挑んだ。

「難攻不落の『アッコにおまかせ!』の前に死屍累々と言っていいでしょう。それほど強かった」

次ページ:オープニングに変化

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]