女性刑務所は「前歯のない人が多い」 元受刑者が語る殺人犯と並んで浴びた「15秒シャワー」

国内 社会

  • ブックマーク

 女性だらけの刑務所とはどんなところなのか。2015年に覚醒剤の所持・使用で実刑判決を受け、女子受刑者の専用収容施設「栃木刑務所」に2年半服役したYouTuberの万年蘭さん(55)は「二度と行くところじゃない」と振り返る。殺人犯らと隣り合わせで過ごした日々とは……。

 ***

収容人数約650人。国内最大の女子受刑者収容施設

 16歳でヤクザから覚醒剤を教えられ、以来、33年間薬物漬けの生活を送ってきた万年さん。刑務所に入ったことがきっかけで薬物をやめ、いまはYouTuberとして活動している。

 彼女の波乱万丈な半生については、別稿「ヤクザから16歳で教えられ…33年間覚醒剤をやめられず廃人寸前まで堕ちた55歳『女性YouTuber』が語る薬物依存の怖さ」を読んでいただくとして、ここでは彼女が47歳の時に収監された栃木刑務所での経験に絞って話を聞いていく。

 万年さんが初めて覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは2015年のこと。初犯だったので執行猶予がついたが、半年も経たずして同法違反で再逮捕された。執行猶予は取り消され、2年半(判決は合算で2年8カ月。2カ月短縮され仮釈放)刑に服することに。彼女が入ることになった栃木刑務所は、最大収容人数約650人、洋裁や電気部品組立などの10工場が設置されている国内最大の女子受刑者収容施設である。

体重47キロが出所時には……

 拘置所から刑務所に移送されると、まず素っ裸にさせられ身体検査を受けるという。

「検査官が書類に描かれた人型の図のなかに、タトゥーやほくろの位置などを書き入れていきます」

 その後、単独房で二日間過ごしながら刑務所内を見学したり医務課でメディカルチェックを受ける。

「血圧検査で高い数値が出ると減塩食にされ、薄味の食生活になってしまうので大変です。刑務所は拘置所と違って弁当やお菓子を自由に食べられないので、3度の食事が非常に重要になってくる。私は好き嫌いが多い方なので、刑務所生活で最も心配だったのが食事でした」

 実際は「麦飯が口に合ってしまって……」。入る時は47キロだった体重は出てきた時は67キロになってしまったそうだ。

次ページ:センセイ

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]