ちむどんどん・賢秀役の「竜星涼」がフジ「連ドラ」で初主演へ 原作は超人気漫画

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で比嘉家の4きょうだいのトホホな長男・賢秀を演じている竜星涼(29)が、プライム帯(午後7時~同11時)の連続ドラマに初主演することが決まった。フジテレビの来年1月期の連ドラで、同局関係者が明かした。

 竜星涼がプライム帯の連ドラに初主演することになった。「ちむどんどん」のニーニーこと賢秀はいまだ迷走を続け、視聴者からボロカスに言われているが、竜星は上昇気流に乗っている。

 この連ドラの原作は『週刊ヤングジャンプ』に連載中の「スタンドUPスタート」。漫画通なら「ついにドラマ化か」と快哉を叫ぶはず。超が付くほどの人気作品である。

 作風は痛快で読むと力が湧いてくるような気分になる。明るい竜星のキャラクターに合いそうだ。

 原作の主人公は「人間投資家」を名乗るサンシャインファンド社長の三星太陽。「資産は人なり」が口グセで、個人に起業を提案し、投資している。

「また起業ものか」と思われる人がいるかも知れないが、既存作品とは全く異なる。太陽の目的は会社をつくらせて利益を得ることではない。

 職場を追われたり、働く意味が分からなくなってしまったり、生きづらさを感じたりしている人たちに向いた事業を太陽が見つけ、その人たちの起業を全面的にサポートする。最終的に目指すのはその人の生き方の再構築だ。

 太陽はどんな人であろうがスタンドアップスタート(立ち上がって始める)は可能と考えている。役に立たない人なんて1人もいないというのが持論。だから「資産は人なり」なのである。

 太陽のサポートによる起業で人生を立て直す人はさまざま。子会社に左遷されて腐っている銀行員、クラブホステス、経営危機に陥っているスポーツジム代表、大学生、ヒット作が出ずに悩むベテラン漫画家――。立ち上げられる会社は人によって全く違う。

 また起業の仕方や株式会社の仕組みなどが一から分かりやすく説明されており、ビジネスにも役立つようになっている。作者の福田秀氏はヒットメーカーで、過去にも「ドロ刑」が日本テレビで「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」のタイトルで2018年に連ドラ化されている。

漫画原作と相性のいい俳優

 ドラマは国内外を問わず「1に脚本(原作)、2に役者、3に演出」というのがセオリー。竜星は格好の原作を得た。来年1月ドラマの中で屈指の話題作になる可能性が高い。

 漫画を基にしたドラマは原作のファンから「イメージと違う」とブーイングが起こりがちであるものの、竜星は漫画を原作とする作品と相性がいい。漫画的な大きな動きがサマになるためか。

 犬飼貴丈(28)とダブル主演した映画「ぐらんぶる」(2020年)も同名人気漫画が原作。元気でおバカなダイビング・サークル所属の大学生役が好評だった。ストーカーになるヤバイ会社員役で助演したフジ系「レンアイ漫画家」(2021年)なども漫画が原作だ。

 一方、「ちむどんどん」の賢秀は現時点では相変わらず不人気。朝ドラでここまで見事に共鳴されない主要登場人物も奇特と言える。

「オレ様がかの有名な沖縄の一番星。ヤンバルの比嘉賢秀やさ!」(賢秀)

 威勢はいいのだが、自意識過剰で背伸びした行動ばかり。それでいて無責任で逃避癖がある。まるで中2病。良いところがゼロに等しいから批判はやむを得ない。

 半面、それは脚本を書いている羽原大介氏(57)がつくり上げた賢秀という架空の人物の話。演じている竜星に責任は全くない。俳優の値打ちも下がらない。今の時代、役柄と俳優本人を混同する人はいないだろう。

次ページ:賢秀役への反響は「役者冥利に尽きる」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]