五輪汚職疑惑、高橋治之氏の“上級国民”人生 平社員時代から運転手付きのジャガーで出勤

国内 社会

  • ブックマーク

 東京五輪から1年という節目に、「五輪汚職」疑惑を追う東京地検特捜部が強制捜査に乗り出した。司直のメスが入ったのは、これまで疑惑が取り沙汰されながらも、当局の手が及んでこなかった上級国民。その金満人生を追う。

 ***

 7月26日、東京・世田谷区にある東京五輪・パラリンピック大会組織委員会元理事・高橋治之氏(78)の自宅へ、東京地検特捜部が家宅捜索に入った。

 捜査の端緒を最初に報じた20日付の読売新聞によれば、五輪の大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」が、高橋氏が代表を務める会社に計4500万円超もの“コンサルタント料”を支払っていたことが判明。「AOKI」は日本選手団が開会式などで着用する公式服やライセンス商品を手掛けており、特捜部はこれが五輪開催に絡んだ贈収賄にあたるとみて捜査を続けていたのだ。

NYの高級ホテルにプライベートルーム

「きっと高橋さんにしてみれば、4500万円ごとき“はした金”でしょっぴかれるのか、と思っているのではないでしょうか」

 とは、高橋氏を知る広告業界の関係者だ。

「これまで高橋さんが動かしてきたお金と、今回問題になっている額は桁のスケールが違いすぎますからね。電通の平社員だった頃から、高橋さんは運転手付きのジャガーで出社し、自分のプライベートルームを米・NYの高級ホテル内に持っていたんです。マンハッタン島にあるプラザホテル向かいの一等地だったそうです。その後、電通の専務にまで上り詰めていくわけですが、大澄賢也と結婚する前の小柳ルミ子や、かたせ梨乃と浮き名を流し、都心のホテルやバーで逢瀬を重ねているところを目撃されていましたね」(同)

「サッカーの神様」ことペレを高橋氏は弟のプライベートジェットで来日させ、中曽根康弘氏とテニスをさせたなんて逸話もある。

 一体、高橋氏とは何者なのか。

次ページ:「レガシーを残した」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]