東京五輪の剰余金数百億円が森喜朗元首相設立の「謎の財団」に呑み込まれる

国内 社会 週刊新潮 2020年2月13日号掲載

  • ブックマーク

森喜朗元首相の新財団は負のレガシー(1/2)

 溜息しか出ない。東京五輪組織委員会の森喜朗会長が新財団を設立し、五輪後の「レガシー」まで影響下に置こうとしているのだ。数百億円になると見られる剰余金が狙い、とも言われ、今こそ声高らかにこう叫ばねばならない。森会長こそが「負のレガシー」だと。

 ***...

記事全文を読む