村上宗隆に続く「和製大砲候補」6人の実名 野手に転向した“変わり種”も

スポーツ 野球

  • ブックマーク

一軍出場34試合で7本塁打をマーク

 現在のプロ野球で最高のホームランバッターと言えば多くの人が、村上宗隆(ヤクルト)と答えるのではないだろうか。プロ入り2年目の2019年に36本塁打を放って大ブレイクすると、昨年は39本塁打でホームラン王のタイトルを獲得。9月には史上最年少となる21歳9カ月での通算100本塁打を達成している。今年もその勢いは加速し、前半戦終了時点で、打率.312(リーグ5位)、33本塁打(リーグ1位)、89打点(リーグ1位)と令和初の三冠王も視野に入る活躍を見せている。【西尾典文/野球ライター】...

記事全文を読む