内川聖一、福留孝介、金子千尋……崖っぷち「大物選手」の“それぞれの事情”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

二軍暮らしが続く“稀代のヒットメーカー”

 早くも前半戦が終了した今年のプロ野球。セ・リーグは、大勢(巨人)、高橋宏斗(中日)、長岡秀樹(ヤクルト)、岡林勇希(中日)、パ・リーグでは、大関友久(ソフトバンク)、水上由伸(西武)、高部瑛斗(ロッテ)、柳町達(ソフトバンク)などブレイクしている若手がいる一方で、実績はありながらもここまで目立った活躍を見せることができていない選手がいる。そろそろ来季に向けての動きも加速化してくることから、後半戦に存在感を示すことができなければ、立場が苦しくなることも予想される。...

記事全文を読む