終戦後、朝鮮人を利用して勢力を拡大した共産党 党史には書かれない“不都合な真実”

国内 社会

  • ブックマーク

 終戦当時、組織も資金もネットワークもなかった「日本共産党」は、その活動の多くを「在日本朝鮮人連盟」に負っていた。だが、両者の力関係はほどなく逆転する。党は、朝連の朝鮮人に入党して日本人とともに活動するよう要請し、事実上、指揮下に置いたのだ。

 ***...

記事全文を読む