ひで子さんが語る“戦前の袴田家”巖さんはどんな弟だったのか【袴田事件と世界一の姉】

  • ブックマーク

 解決遠のくロシアのウクライナ侵攻、26人が乗っていた知床の遊覧船の大事故……これらのニュースの合間を縫って、先日NHKが「死刑執行された男は真犯人だったのか」をテーマに長編ドキュメントを放映した。一方、コロナ感染に用心して、しばらく人前に出なかった袴田ひで子さん(89)は久々に集会に登場し、弟の近況を報告した。1966年、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で「こがね味噌」の専務一家4人を殺人した犯人とされ、現在、再審を求める弟の巖さん(86)は、最近「俺は東大を首席で卒業した」と話しているとか。...

記事全文を読む