「完全試合」佐々木朗希、“前人未到” 170キロはあるか?「野球動作解析スペシャリスト」に聞いた

スポーツ 野球

  • ブックマーク

バレーボールのスパイク

 プロ入り3年目で開幕からローテーション入りしたロッテ・佐々木朗希。その進化が止まらない。今季初登板となった3月27日の楽天戦で、自己最速の164キロをマーク。続く4月3日の西武戦では、8回を投げて13個の三振を奪い、今季初勝利を飾った。西武戦で投じたストレートは70球。平均球速は159.5キロに達している。この数字はメジャーリーグでもトップクラスで、佐々木は、早くも「世界最高レベル」に近づいていると言って過言ではない。では、専門家は、佐々木のピッチングをどう分析しているのだろうか。...

記事全文を読む