「秀和レジデンス」なぜ今注目? 東京を代表するレトロマンションの“マニアックすぎる”魅力とは

国内 社会

  • ブックマーク

情熱がエスカレートし写真集を自費出版

 青い瓦屋根に白い塗り壁のレトロなマンション、と聞けば東京近郊に住む人ならピンとくるのではないだろうか。今年2月、ビンテージマンション「秀和レジデンス」をあらゆる角度から特集した『秀和レジデンス図鑑』(トゥーヴァージンズ刊)が発売され、そのマニアックすぎる内容がSNSで話題となっている。著者である谷島香奈子さん、hacoさんが語る秀和の魅力とは――。

 ***

「秀和レジデンス」は、1964年、東京五輪の年に誕生したマンションシリーズで、東京を中心に134棟存在する。青い瓦屋根に白いモルタル塗りの壁、曲線を描くバルコニーのアイアン(柵)、などレトロな外観が特徴的で、愛好家も多くいるという。『秀和レジデンス図鑑』著者のhacoさんは秀和との出会いをこう振り返る。

「高校生の頃、受験を口実に上京した際、秀和の代官山レジデンスが目に入りました。そのときは、お城みたいでかわいいマンションだな、と思ったぐらいでしたが、その後、大学進学を機に東京に引っ越すと、あちこちに『青い瓦屋根に白い塗り壁』のマンションが立っているぞ、ということになんとなく気付いて。15年ほど前に仕事で秀和を訪れる機会があり、初めて『秀和レジデンス』という名前のシリーズマンションであることを認識しました」

 それ以降、散歩中に秀和を見つけると、観察して写真を撮るようになったというhacoさん。しかし、写真を集めているうちに秀和への情熱はエスカレート。数年前に秀和の写真だけを収めた写真集『かわいい秀和レジデンス』を自費出版したほどだ。

「数多く秀和を見ていくうちに、同じように見えても違う壁の模様やバルコニーの形状などが気になりだして、気付いたら各地にある140棟弱のほとんどを見に行くほど夢中になっていました。思いつきで写真集を販売してみたら500冊ほど売れて。秀和好きがこんなにいるんだ!と驚きましたね」

次ページ:「秀和専門サイト」を立ち上げ、ついに住むように

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]