TBS「週刊さんまとマツコ」は日曜1時半にお引越し 2人が納得しない形では終われない事情

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(49)の大物2人によるTBSのバラエティ「週刊さんまとマツコ」(日曜午後6時半)が、4月から同じ日曜の午後1時半からの放送になる。現在は視聴率面で苦戦している。引っ越しによって活路が見出せるか(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

前途洋々のはずが苦戦

 昨年4月に船出した「週刊さんまとマツコ」は前途洋々と思われていた。

 なにしろ、さんまは在京民放キー局で「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ)など3本のバラエティを成功させている。

 マツコも「マツコの知らない世界」(TBS)など5本の番組がヒット中。2人の番組が当たると思われるのは当然だった。

 ところが出だしで躓く。4月18日に放送された初回の世帯視聴率は4.4%(個人2.3%)。同時間帯で競り合う「真相報道 バンキシャ!」(日本テレビ)や「相葉マナブ」(テレビ朝日)、「サザエさん」(フジテレビ)に水を空けられた。

 この他局の3番組はもともと強い。その上、当初の「さんまとマツコ」の演出には疑問の声が噴出した。

疑問符が付いたスタート当初

 せっかく大物2人が共演しながら、初回は顔を合わせる場面がなかった。2人はそれぞれの控え室に篭もり、スタッフに問われるまま、楽屋話を口にした。

 その話にスタッフはずっと大笑いしていたものの、バラエティ業界の話などで、観ている側は何が面白いのか分からなかった。

 第2回は同時間帯の「サザエさん」を意識し、さんまが同アニメの磯野波平、マツコがサザエのコスプレで登場した。

 2人はコスプレ談義をした後、恋愛などについて語り合った。

「恋愛を20年くらいしていないのよ」(マツコ)

 これも2人の雑談を聞かされているようで、やはりピンと来なかった視聴者が少なくなかった。内容にクビを捻る意見がネット上に並んだ。

次ページ:ツッコミ同士だったという問題

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]