「三月のパンタシア」みあが語る“永遠の歌姫”は? 失恋後に出会った“むき出しの音楽”

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Coccoのファンになったきっかけ

 音楽ユニット「三月のパンタシア」ボーカルとして若者たちに絶大な人気を誇るみあさん。彼女の“永遠の歌姫”はシンガーソングライターのCoccoだった。失恋に悩む彼女を包み込んだ美しいメロディとは。

 ***

 私にとって永遠の歌姫がいる。シンガーソングライターのCocco氏だ。

 彼女の紡ぐ、美しい毒素をはらんだ歌詞、優しくて激しい歌声、そして切実な魂の表現に、もうずっと胸を揺さぶられ続けている。

 今、自室をたゆたう音楽は、Cocco氏の「樹海の糸」。イントロの流麗なピアノが耳に届いたとき、記憶のひだが微かに震えた。

 Cocco氏のファンになった契機は、映画だった。

「KOTOKO」という、彼女が主演・原案・音楽・美術を担っている日本映画がある。深夜のTSUTAYAでそのDVDジャケットを目にすると、私は自然と手を伸ばしていた。

 ジャケットには灰色に光る雨に打たれるCocco氏の姿があった。孤独と希望を内包したような表情。なぜか無性に惹かれた。

 映画は、なんというか、凄まじかった。どうしようもなく苦しくて、痛くて、美しかった。

 内容も衝撃的なのだけど、私が圧倒されたのは、Cocco氏の強烈な存在感だった。まるで魂が直接叫んでいるような、あるいは泣き喚いているような鬼気迫る演技。戦慄に近い興奮に肌は粟立っていた。

次ページ:音楽で初めて泣いたことへの驚きと安堵

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]