六本木で入場料1500円の書店が大盛況 店長が明かす“人気の秘密と意外な客層”

企業・業界 2019年11月4日掲載

  • ブックマーク

 出版不況と言われ、街の書店が続々と店を畳んでいる中、ユニークな取り組みを行っている書店がある。その名も「文喫 六本木」(港区六本木6−1−20)。異例の“入場料1500円(土日祝1800円)”が必要だが、土日は入場規制がかかるほどの人気ぶりだという……。

 ***...

記事全文を読む