脳死状態で生まれた娘を10年育てた父親 今も不信が募る病院や医師の対応、そして苦悩の日々を告白

国内 社会

2021年12月31日

  • ブックマーク

「私の子どもは出産時のトラブルで、脳死状態で生まれてきました。現在も意思の疎通はできず、自発呼吸すらありません。生まれてから10年間、人工呼吸器をつけて生きています」――そう話すのは、現在10歳になる近藤彩名さん(=仮名)の父親・孝さん(43=仮名)だ。【中西美穂/ジャーナリスト】

 ***...

記事全文を読む