私は遺伝性難病のわが子を手にかけ… 命の選別という「出生前診断」ルポ

ライフ 週刊新潮 2019年12月5日号掲載

  • ブックマーク

命の選別という「出生前診断」に母親の懊悩――河合香織(1/2)

 遺伝性の難病を抱えて生まれたわが子の将来を憂え、母親は幼い命を手にかけた。この先、辛い生を味わわせるのは忍びないと。では出生前診断を受け、事前に難病と分かっていたら、果たしてその子は生を享(う)けていたのだろうか……。「命の選別」の意味を問うルポ。

 ***...

記事全文を読む