妻の不倫を疑い、尾行した夫 トイレで着替え“別人”になった彼女が向かった想定外の場所は

  • ブックマーク

 地下アイドルにはまって借金をし、路上で身を売っていた女性教師が懲戒免職になったと話題になったが、実際、アイドルに夢中になる女性は少なくない。妻がそうなったとき、夫としてはどういう態度をとるのが現実的なのだろうか。 【亀山早苗/フリーライター】

 斉藤弘樹さん(42歳・仮名=以下同)は、2歳年下の女性と社内結婚して13年。11歳のひとり娘がいる。

「妻は優秀な社員で、幹部候補として会社からも期待されていると噂になっていたほどでした。だけど本人は『仕事だけの人生を送ってきてもう疲れた』と。結婚したら会社を辞めたいと言っていました。僕は当時まだ収入も少なかった。でも辞めたいならいいよと言いました。彼女は『ありがとう。少しゆっくりしたい』と泣いていたんです。バリバリ働いているように見えたものの、つらかったんだろうなと思ったのを覚えています」

 妻は自ら専業主婦の道を選び、3年後に出産。ひとり娘を溺愛した。弘樹さんはそんな妻を微笑ましく思いながらも、「このままだと過干渉になって娘が苦労するなと思った」そうだ。そこで娘が小学校に入ったのを機に、「何かパートでも始めてみたら?」とやんわり妻に言ってみた。

「妻は『私もそう思ってた。これから学費もかかるし、私もがんばるね』って。前向きでいい人なんです。たいしたことない給料でもうまくやりくりしてくれて……。当時は妻には感謝の気持ちしかありませんでした」

 ところがパートに出るようになってから、少しずつ妻の態度に変化が見られるようになってきた。

「最初はパート仲間と飲みに行く、カラオケに行くと月に1回くらい帰宅が遅くなったんです。まあ、月に1度くらいならと思っていたんですが、それが月に2度になり、毎週になった。それでも僕が早く帰れるときならかまわないと思っていました」

 ただ、週に3回、1日5時間ほどだったパートの仕事が、いつしか週5日のフルタイムになっていた。多忙だった弘樹さんがたまたま高熱を出し、社内の医務室でインフルエンザだと診断されて早退したら、家に娘がひとりでいたのだ。夕方5時頃のことだった。

「ママはどうしたのと聞いたら、『毎日、お仕事だよ』と。妻が帰宅したので、どういうことかと尋ねて、すでにフルタイムで働いていると初めて聞かされました。娘は習い事もしていましたが、ママ友が送り迎えしてくれているんだそうです。昼間の家庭に関して、僕は何も知らなかった。そこで、フルタイムで働かなければいけないほど家計が逼迫しているなら、ふたりで家計を見直そうと妻に提案したんです。でも妻は『大丈夫だから』と。いや、娘が寂しい思いをするのは僕もせつないと言ったけど、妻は聞く耳をもたなかった。そのあたりから何か変だなと思っていたんです」

次ページ:まさか妻が浮気…?

前へ 1 2 3 4 5 次へ

[1/5ページ]