「また教会か!」韓国はオミクロン感染拡大で国民の怒りが爆発 外国人バッシングも始まった

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

 世界で新たな脅威となっている新型コロナウイルスのオミクロン株。日本での感染者はまだ3人だが、お隣の韓国では7日現在36人に拡大する騒ぎになっている。元凶とされるのは、防疫当局に虚偽申告をしたキリスト教牧師夫妻。国民は、昨年春先に集団感染を起こした大邱(テグ)市の新興宗教を思い出し、「また教会か!」と怒り狂っているという。その矛先は、在韓外国人たちにも向かいつつある。

 ***

たった一つのウソから……

「なんで牧師のくせにウソをついたんだと、国民は非難轟々です。せっかくウィズコロナ政策が始まったばかりだというのに、彼らのせいでまた逆戻りしてしまったのですから」

 こう語るのは、ソウル市在住の韓国人ジャーナリストである。

 韓国でのオミクロン株の感染拡大は、キリスト教牧師夫妻がついた、たった一つの“ウソ”から始まった。夫妻は11月24日、ナイジェリアから仁川(インチョン)国際空港に帰国。迎えに来た信者の車に乗って帰宅した。だが、帰国翌日に夫妻そろってオミクロン株に感染していることが発覚。すぐさま防疫当局が聞き取り調査に入ったのだが、妻は「防疫対策を施してある専用タクシーを使って帰宅した」と当局にウソをついた。信者にまで迷惑をかけてはいけないという配慮が働いたのだ。

 その後、夫妻の子供も感染が発覚し、すぐさま一家は隔離された。この間、夫妻は、車を運転してくれた信者にも密かに連絡を取り、感染していないか確認していた。信者は念のためPCR検査を受けたが、結果は陰性だったので、黙っていつも通りの生活を続けてしまった。だが、6日後に再検査すると陽性が発覚。この間、周囲にウイルスを撒き散らしてしまったのである。

次ページ:ソウル市にも飛び火

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]