京王線事件に居合わせたミュージシャンが語る惨状 密室から脱出する手立てとは

国内 社会

2021年11月11日

  • ブックマーク

「乗客たちが逃げまどう電車の中で、金髪の男が偉そうに脚を組みタバコを片手に座っていた。その時は逃げるのに必死で、後で犯人だと気づいたのです」

 そう話すのはミュージシャンの吉田涼さん(34)。10月31日に起きた京王線無差別刺傷放火事件に遭遇した乗客の一人だ。頻発する電車内の通り魔事件。密室から逃れる術はあるのか。

 ***...

記事全文を読む