元公安警察官は見た 「この男はロシアのスパイ」と捜査員に知らせた暗号メールの中身

  • ブックマーク

 日本の公安警察は、アメリカのCIAやFBIのように華々しくドラマや映画に登場することもなく、その諜報活動は一般にはほとんど知られていない。警視庁に入庁以後、公安畑を十数年歩き、数年前に退職。この9月『警視庁公安部外事課』(光文社)を出版した勝丸円覚氏に、自衛隊元陸将の情報漏洩事件について聞いた。

 ***

 公安というと、どこか暗い影のあるイメージを持つ人は少なくない。その出自が戦前の特別高等警察部(特高)だからだろうか。戦時中は戦争反対者を次々に投獄した。しかし戦後になって、GHQにより特高は廃止され、再編されて公安と名を変えた。

 勝丸氏は、1990年代半ばに警視庁に入庁。2000年代初めに公安に配属されて以後、外事畑を歩んだ。外事警察は、外国人のテロリストやスパイを監視し、テロや国家機密などの漏洩を事前に防ぐのが重要な仕事である。外事第1課がロシア、2課が中国、3課が北朝鮮、4課がイスラム過激派などを担当する。

スーツYタイ60白髪短髪

「5年以上前のことです。都内のホテルで開催されたある欧州国の大使館のナショナル・デーのパーティで、ロシアのスパイと親しげに話している60代の日本人男性が目にとまりました」

 と語るのは、勝丸氏。当時、同氏は外事1課の公館連絡担当班に配属していた。大使館や総領事館、政府代表部との連絡・調整にあたるのが主な任務である。そのため、大使館のパーティには積極的に参加していた。

「軍服姿のロシア人は、外事1課がマークした人物で、私も写真を閲覧していたのですぐにわかりました。セルゲイ・コワリョフという男です」

 表の肩書はロシア大使館の駐在武官だが、ロシア連邦軍の諜報機関、参謀本部情報総局(GRU)の諜報員だった。

「コワリョフと話している背広姿の日本人は初めて見る顔でした。姿勢が良く、なんとなく威厳がありました。付き人らしい40代の男性を従えていました。私は、彼らに気づかれないように接近しました。2人は名刺交換した後、熱心に話していましたが、初対面の会話には見えません。互いが何者かよく知っている者同士ではないかと思いました」

 勝丸氏は直感的に、60代の日本人を調べた方がいいと判断した。

「大使館のパーティには、各国のスパイが顔を出します。この日は中国やイランのスパイもいたし、GRUとはライバル関係にあるSVR(ロシア対外情報庁)の諜報員もいました。スパイがいるところには、身分を隠し、監視や情報収集に専念する公安の秘匿捜査員が目を光らせているのですが、彼らはパーティ会場に入れません。そこで私は事前に何かあったら連絡して欲しいと頼まれていました」

 勝丸氏はパーティ会場を出て、ホテルの廊下の目立たない場所に移動した。そしてすぐに秘匿捜査員にメールした。

「文面は、『爺スーツYタイ60白髪短髪B交換 連れ1男40』です。『爺』はGRUのG、つまりコワリョフのことで、事前に打ち合わせていた符丁(合言葉)です。あとは、コワリョフと話していた男性についての情報で、スーツ姿で黄色(Yellow)のネクタイ、60代で白髪短髪。B交換は、ビジネスカード(名刺)を交換。連れは40代の男1名という意味です。メールの内容が万が一望遠鏡で見られてもいいように、こんな暗号を使うのです」

 勝丸氏のメールを受けた秘匿捜査員たちは、「スーツYタイ60白髪短髪」の男性が会場を出た後、尾行を開始したという。

次ページ:陸上自衛隊のナンバー2

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]