【「週刊新潮」中吊り広告終了に思う】中吊りの文化はインターネットの世界で生きる(古市憲寿)

古市憲寿 誰の味方でもありません 国内 社会 2021年09月30日

  • ブックマーク

「ネットニュースの見出しを一瞥しただけで、記事を読んだ気になってはいけません」。そのうち道徳の教科書にでも書かれそうな誡(いまし)めだが、SNS上には見出しを読んだだけの評論が溢れている。...

記事全文を読む