「同じ理由で」のネイティブな表現は? 在米医師が教える生きた英語

  • ブックマーク

 コロンビア大学医学部外科教授であり、ニューヨークのトップドクターとして知られる加藤友朗医師。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)の著者でもある加藤氏が日常で出会う“ネイティブ英語”を紹介。

 ***

 前回、日本語の「奥歯に物が挟まったような話し方」という表現は「何かを隠しているような話し方」という意味ですが、「奥歯に物が挟まったような話し方」という言い方でないと伝わらないものがあると書きました。このコラムで扱っている表現は皆そのようなものです。相手の言っていることを理解するには知っている必要がありますが、ある意味、自分では使えなくても問題のない表現です。でもこんな表現を使いこなせるようになると英語で話すときに相手との距離がぐっと縮まります。ぜひ覚えて使ってみてください。

 さて今回の表現は by the same token。この表現の意味は、「同じ理由で」「同様に」ということです。なぜカジノで使うコインなどを指す token が「理由」になったのか。何かしら賭けと関係した理由があるのかというとそうではなくて、tokenという言葉に元々「記号」とか「意味」という意味があり、そこからきたようです。ジェシカが言っているのは、朝は多忙なので回診が早すぎると困る、同じ理由で緊急でない場合はドクターが朝早くに電話してくるのも控えてほしい、ということです。

 by the same tokenの使い方の例は“I enjoy going to new restaurants, by the same token I really like travel as well.”「僕は新しいレストランに行くのが楽しみだ。それと同じ理由で旅行も大好きなんだ」や、“You have to take good care of your customers, and by the same token you need to take care of your colleagues as well.”「お客様は大切にしなければいけない。それと同じ理由で仲間も大切にしなければいけない」などです。

 では練習問題です。(答えは下)

1.日本語に訳すと?

“People who are good singers, by the same token, also tend to pronounce foreign language very well.”

2.by the same tokenを使って英語で言うと?

「同じ理由で、この株にも投資するのはやめた方がいい」

加藤友朗(かとうともあき)
コロンビア大学医学部外科教授。東京大学薬学部、大阪大学医学部を卒業後渡米。世界初の多臓器摘出体外腫瘍切除手術を成功させ、ニューヨークのトップドクターとして世界中から集まる患者の命を救う。『ネイティブを動かすプレミアム英会話50』(新潮社)が発売中。

2021年8月12・19日号掲載