裸足で五輪を獲った「アベベ・ビキラ」伝説 アフリカ選手初の金メダルの裏側(小林信也)

小林信也 アスリート列伝 覚醒の時 スポーツ 週刊新潮 2021年7月15日号掲載

  • ブックマーク

“裸足の王者”アベベ・ビキラは、シューズを履いて1964年東京五輪のマラソンを走った。

 細身の褐色。やや下向きの視線。求道者のように変わらない厳しい表情。淡々と走る姿は、雪国に生まれ育った、当時小学校2年生の私には理解できない、新しい驚きに満ちていた。...

記事全文を読む