映画「炎のランナー」モデルとなったエリック・リデルが五輪よりも大事にした信仰(小林信也)

  • ブックマーク

 エリック・リデルは映画「炎のランナー」で主役となったスコットランド人スプリンターだ。1924年パリ五輪・陸上男子100メートルで優勝を期待されながら、レースが日曜日だったため、出場を見送った。宣教師の子として中国に生まれた敬虔なクリスチャン。安息日に競技に出ないのは当然のわきまえだった。...

記事全文を読む