「砂を食えるか?」 マラソン「瀬古利彦」を育てた恩師の衝撃的な言葉(小林信也)

小林信也 アスリート列伝 覚醒の時 スポーツ 週刊新潮 2021年2月18日号掲載

  • ブックマーク

 瀬古利彦は、1980年モスクワ五輪・幻の代表のひとりだ。「出場したらきっと金メダルを獲っていたはず」と信じるファンは大勢いる。

 瀬古が三重県桑名市で生まれたのは56(昭和31)年7月。松坂世代、イチロー世代などと言うが、昭和31年生まれを代表するのは、圧倒的に瀬古利彦だった。筆者は同い年だから、その存在感を実感している。...

記事全文を読む