安藤なつ、19年に結婚の夫と離婚調停 6歳年下男性を追い詰めた「超束縛」と「カネ」

エンタメ 芸能 2021年6月29日掲載

  • ブックマーク

 お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(40)が、離婚調停中であることが分かった。安藤は2019年11月に、6歳年下の一般人男性と出会って3カ月で“スピード結婚”。だがその結婚生活は、長くはもたなかった。

 ***

 当時の報道によると、安藤は“ぽっちゃり好きの男性が集まるコミュニティ”で、介護関係の仕事をしているAさんと知り合ったという。2019年の8月末に交際を始め、その年の11月22日(いい夫婦の日)に入籍。旅館の露天風呂に一緒に入っている時に、Aさんからプロポーズを受けた。

『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で2人の結婚式企画が行われたほか、Aさんはマスク着用の“顔出し”でテレビにも登場。昨夏放送の『なんでこの人と結婚したんですか?』(同前)では、安藤が彼を「~たん」と呼んでいることから“旦那たん”と紹介され、ラブラブな新婚生活の様子を明かしていた。

 だが、

「安藤さんと結婚してから、ひどい仕打ちを受けて、彼はすっかり参ってしまっていました。そのうえ、安藤さんが強引に離婚を進めようとしているんです」

 と明かすのは、Aさんの地元の知人である。

 北陸出身のAさんは、遠距離恋愛で安藤と交際し、結婚を機に上京した。東京で介護の仕事も見つけたが、安藤の“超束縛”体質に苦しめられた。

「Aさんが知人と食事に行こうとすると、相手の連絡先を安藤さんに教えないといけないというんです。『もしあなたに何かあったら不安だから』というのがその理由で、代わりに安藤さんもマネージャーさんや仲の良いスタイリストの連絡先を彼に教えるという、よく分からないルールになっていたそうです。自宅にホワイトボードが用意され、予定をそこに書かなければいけないという決まりも。そもそもAさんは東京に知り合いが少ない。そんなふうに管理されては、気軽に外出もできず、友達も作れないですよね。そのせいで、だんだん塞ぎがちになってしまったんです」

 知人によると、交際から結婚までにAさんと安藤が直接会ったのはわずか4回。その本性を見抜けなかったということか。

シビアな金銭感覚、共演時にはギャラの代わりに“お食事券”

 さらには、お金に細かすぎる安藤の一面も明らかになった。

「自宅マンションの家賃こそ、6対4くらいで安藤さんが多めに負担していたそうです。けれど、それ以外の生活費は基本的に折半で、たまに安藤さんが食事を作れば、Aさんに食費を請求したというんです。共働きの夫婦が決めたルールとはいえ、人気芸人と介護職とでは、年収はぜんぜん違いますからね。もっとも、彼がいくら尋ねても、安藤さんは断固として収入は答えてくれなかったらしいですが……」

 安藤とAさんは、アメリカの歌手、リゾ(Lizzo)の日本語版PVで“共演”もしている。出演にあたっては当初、Aさんにもギャラが支払われるという約束になっていた。が、待てど暮らせど、その話がない。たまりかねたAさんが安藤に尋ねると、彼女は怒り出し、その場でマネージャーに電話をし始めた。

「結局、『家族にはギャラは支払えないってさ』と言い出したんです。そんなの、安藤さんに入るお金を少し分けてあげればいいだけの話ですよね。でも彼女はそれをせず、代わりに“お食事券”を自作し、Aさんに渡したそうです。外食時に使えば、その支払いを安藤さんが持ってくれる券だそうです」

 Aさんが安藤の仕事をひとつ手伝うたびに、現金ではなく“お食事券”を2枚くれるという取り決めだそうだ。なぜ、これほどまでに安藤はお金に細かいのか。「人気商売ゆえにいつまで今の収入が保てるか分からない」という心境をAさんに明かしていたともいうから、将来への不安はあったのかもしれない。もっとも、これにAさんが「いざとなったら僕の地元で一緒に暮らせばいいよ」と励ますと、「私の考えも聞かずそんなこと決めるな」と怒り出したらしいが――。

次ページ:車検費用が引き金になり“4者面談”

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]