袴田事件、弁護団長「西嶋勝彦さん」の素顔 真犯人は「警察と利害が一致していた人物」

国内 社会

2021年05月13日

  • ブックマーク

 4月19日、有楽町の日本外国特派員協会で記者会見があった。登壇者は袴田秀子さん(88)、袴田事件弁護団の西嶋勝彦団長と小川秀世事務局長の3人。参加予定だった「死刑囚」袴田巌さん(85)は糖尿病の基礎疾患があり、コロナ禍での上京を断念した。巌さんは拘禁症で意味不明な発言が多いが秀子さんは「最近は少しまともなことも言うんですよ。裁判は必ず勝ちます」と朗らかに挨拶した。会場では浜松市で姉秀子さんと暮らす巌さんの日常の映像が流れた。...

記事全文を読む